Climb & Ride 

Top

ラストスティープ

b0237035_8361789.jpg

4月10日
笠ヶ岳穴毛谷4ノ沢左俣Aルンゼ

パートナーの10年来の課題、ここを落とせるコンディションは滅多にないだろう
周到な準備と経験の成せる技
このルートを降りたのは3パーティー目、それも20年ぶりとのこと
充実した一日、パートナーに感謝!




b0237035_8382422.jpg
穴毛谷、途中に土石流の痕があった


b0237035_8383470.jpg
穴毛大滝・・・今年は高い


b0237035_8431768.jpg
稜線、この時期はまだクラストの世界
板を背負って笠ヶ岳を目指す
スリットが見えてくる・・・あそこまで行って引き換えしは厳しい


b0237035_8433113.jpg
まずは笠谷源頭の斜面を一滑り
max40°超のフラットバーン! ここ良いです!


b0237035_8434233.jpg
スリットの入り口
雪庇は例年の半分以下、滅多にないチャンス


b0237035_8435172.jpg
30分かけて雪庇を切り崩しエントリー
飛び降りた斜面の斜度は50°、当然雪面の状態は確認済


b0237035_8435964.jpg
以後この雪庇を背負って降りることに


b0237035_844108.jpg
スリットに吸い込まれていく
核心部のノドは雪崩でえぐられテクニカルなターンを要求される


b0237035_8441844.jpg
岩壁に挟まれたルンゼ
底は雪崩の流路の縦溝、フラットな右斜面を繋いで滑るしかない・・・写真では判らないが50°の連続


b0237035_8442714.jpg
スリットを抜け「イエ~イ」


b0237035_8443574.jpg
この先まだまだ危険地帯続く
[PR]
by mafia-s | 2016-04-17 20:00 | ski